施設・設備案内

検査から手術まで、様々な患者さんに
対応できるシステムを実現しました


3階建ビル内にあらゆる設備をご用意 様々な症状に対応します

眼科治療で大切なことは、まず現状をしっかりと把握することにあります。高橋眼科クリニックでは、様々な検査が可能な検査室を装備し、あらゆる角度から患者さんの「眼」を検査いたします。一度ご来院いただければ私達のこだわりをご理解いただけると思います。

1階/検査室・診察室・処置室

検査室1

あらゆる検査が行えます

検査室1は眼圧検査、色覚検査、視力検査、コンタクト検査等を行います。
視力検査も従来タイプの5m視力表と最新のオートレフラクターでの検査が可能であり、より正確な視力検査や眼鏡検査を実現しております。またオートトポグラフィーでは、眼球の表面形状を見ることができ、細かな眼の凹凸や歪みを確認する事が可能で、治療やコンタクト選びなどにも大きな効果を出す事ができます。
またスぺキュラーマイクロスコープでは角膜内皮細胞の状態を把握でき、レンズメーターでは今お使いの眼鏡の度数などをデジタルで正確に調査することも可能です。

検査室2検査室2

さらに細かい検査が可能

検査室2は、室内照明を落とす事で暗室状態にし、細かい検査や治療を行うことが可能になります。
YAGレーザー装置にて後発白内障の治療が可能で、白内障術後の患者さんのアフターフォローなどにも使用します。また最新の自動視野計(ハンフリー)は詳細な視野検査が可能であり眼底疾患・緑内障・NTGの診断に大いに役立ちます。
眼科・超音波断層撮影装置やERGなどで様々な眼底、眼内の状況を確認可能で、眼底カメラ(蛍光FAG/ICG)やマルチカラー網膜レーザー装置もあり糖尿病患者などに起こりやすい「糖尿病性網膜症」の検査・治療も行うことが可能です。フレア・セルメーターでぶどう膜炎などの前眼部炎症を管理していきます。

処置室処置室

デジタル対応の最新診察室

デジタル対応の診察室では、患者様が見る事が難しかったご自分の「眼」の状態をプリントアウトなどして確認しながら状況をご説明することが可能です。また診察室も3ヶ所設置してございますので、患者さんの待ち時間も最低限に抑えることが可能です。

それぞれの診察室、処置室はガラスとブラインドで区切られプライバシーを守りながらも適度な開放感があり、リラックスした状態で診察を受けることが可能です。

また全室自動ドアを採用しており感染のリスクが少なく清潔です。また暗室状態時には誘導灯(フットライト)が点灯しますので安心です。また外来手術用にも高性能な顕微鏡を完備しております。

2階/リカバリールーム

リカバリールームリカバリールーム

術後のリラックススペース

手術後のリカバリーを行うためのリカバリールームを3ヶ所ご用意いたしました。ご利用の際には、各自専用の「ナースコール」をお渡しいたしますので、些細なことでも遠慮無く連絡がとれ、安心です。

  • リカバリールーム1は1面がガラス張りになっておりやわらかな光の中でリカバリーが可能です。もちろんカーテンで光を調節することも可能です。
  • 廊下面に設置されるリカバリールーム2ではリラックスを取りながらもご家族の方などと会話がし易いつくりになっており、おひとりでの通院などが難しいかたでも安心です。

リカバリールームリカバリールーム

簡易入院も可能な個室

完全個室のリカバリールーム3では、特に長い時間のリカバリーが必要な方にご利用いただける施設になっています。簡易的な入院が可能なソファーベットを3脚ご準備してありますので、ご家族の方等と一緒に過ごす事もでき、お一人での通院が困難な方も安心です。

また、ルーム内にトイレと簡易シャワーを設置してございますので、部屋から出ることなく過ごせます。

もちろんナースコールも設置してございますので、緊急時の対応も安心です。

3階/手術センター

手術センター手術センター

最新機材で安心・確実

手術室には最新型の手術顕微鏡を設置(キセノン2灯+ハロゲン2灯)角膜移植(全層・表層)から網膜下手術まで対応します。

白内障手術と網膜硝子体手術の同時手術が可能で、眼内レーザー装置も完備しております。 手術室には非常用バッテリーも装備し急な停電にも対応でき安心です。

さらに手術準備室にも滅菌設備を3種類装備(内1台は高速滅菌が可能)するなど完全なバックアップ体制をとっております。手術センター

  • 最新手術顕微鏡
  • 網膜硝子体・白内障手術装備
  • 血中酸素・脈拍・血圧・心電図計測器
  • 緊急用バッテリー(自家発電機)
  • その他滅菌設備など

▲ページトップへ


クリニックのご案内クリニックの特徴施設・設備案内スタッフ紹介本院紹介TTコンタクトアクセスお問合せHOME